CASIO 5161 針ズレ

情報
情報
スポンサーリンク

針の基準位置のずれを修正します

1.デジタル部に「H.SET」と表示されるまで、右上のボタンを約6秒間押し続けます。
ボタンを押し続けて約3秒後に「ADJ」と表示されますが、そのまま押し続けてください。
「H.SET」と表示され、更に押し続けると時刻モードに戻ります。
時刻モードに戻った場合は、この操作を繰り返してください。
「H.SET」の表示にならない場合は、ボタンが利きにくくなっている可能性がありますので、強めに押し続けてください。
「H.SET」の表示でボタンを離すと、デジタル部に「SEC 00」が点滅表示されます。
5161_flow_H_1-1
2.秒針が12時位置以外に止まった場合は、右下のボタンを押して12時位置に合わせます。
ボタンを押すと、秒針が1秒ずつ進みます。
ボタンを押し続けると早送り状態になり、いずれかのボタンを押すと止まります。
5161_flow_H_1-2
3.左下のボタンを押して、時・分針の修正に切り替えます。
時・分針が自動で動きますので、針が止まるまでお待ちください。
5161_flow_H_1-3
4.時・分針が12時位置以外に止まった場合は、右下のボタンを押して12時位置に合わせます。
ボタンを押すごとに、針が進みます。
時・分針は連動して動きます。
ボタンを押し続けると早送り状態になり、いずれかのボタンを押すと止まります。
5161_flow_H_1-4.1

【針修正のコツ】

早送りの場合、12時に近いところで一旦針を止めてから、小刻みに押して12時位置に針を合わせます。
5.右上のボタンを押して、設定を完了します。
時刻モードに戻り、針が現在の時刻まで移動して動き出します。
5161_flow_H_1-5.1
5161_flow_S_1-5
基準位置合わせが終了したら、時刻モードで針の時刻とデジタル部の時刻が合っているかご確認ください。

時計の時刻合わせが終わりました

スポンサーリンク
chocolat-au-lait

コメント