文房具を変えてみた。

情報
スポンサーリンク

今までボールペンはZEBRAのSARASAクリップ0.4mmを愛用していました。
そして、ZEBRAから新しいボールペンとしてBLenが発売されました。
まあそこそこ前から発売されてるみたいなんですけどね。
どうやら2018年12月12日から発売されているらしいです。

今回SARASAクリップのインクがなくなったのを貴にBLenをまとめて購入しました。

今回0.5mmの黒・赤・青を白軸で購入しました。
使ってみた感想は、ペン先ぶれない!!っていってもSARASAも替え芯3回してる
軸を触ってもぶれてないので比較できないなとw
ノック音についてはSARASAに比べると断然静かです。でも、高い目のボールペンの
音とあまり変わらないぐらいで音が全くしなってのは無いです。
で、確かにボールペンを先出した状態で振っても音はしません、ノックのノブが
がたつかないようにBLenではばねがついてるのが働いてますね。
あと、重心は確かに若干というレベルですがBLenがペン先に寄っています。
まあうんちくはこれぐらいにして実際に書いてみましょう。

SARASAはジェルインクでBLenはエマルジョン(油性と水性の混合)です。

まず、発色はさすがのSARASAって感じで黒はよりくっきり黒です。
BLenは若干色が淡い感じがします。油性って感じです。
線の太さは0.4mmのほうが太く感じるぐらいBLenはちょい細いです。

書いた感じは、するする感はBLenのほうが抵抗なく紙の上を走ります
これが書いた感じがいいってことなんでしょうね。

あとペン先は今回白軸を購入したからでしょうか、文字書くときに
ペン先を見ると思うんですが、ぶれないように結構軸のペン先部分が
太いので人によっては気にならないのでしょうが私は若干気になりました。
シャーペンでもそうですが先が細い部分が長い方が書きやすく感じます。
若干書きにくい感じがしました。

私にとってのSARASAとBLenの差はこんな感じです。

BLenがいいところ
①デザインは確かにいいが人選ぶかな、うちは嫌いじゃないです。
②確かに筆記にはむくのかな?書きやすい。
③書いた後のこすれに若干強い。

SARASAがいいところ
①色がくっきりしてるので映える。
②筆箱のなかで色の違いを見分けやすい。BLenはノック付近でしかわからない。

正直甲乙というと人によるところは大きくあります。

ノック音についても、私もそうなんですが悩むと無意識にカチカチしてるときが
あってある意味ストレス発散になってますがBLenはちょい静かなのでこれが
良いか悪いかは論点分かれるところ。

私にとってはやはり黒が映えるのとすぐに筆箱の中で見分けがつくSARASAに
軍配が上がりそうです。

毎日使うものですから自分に合ったボールペンがいいですね。
とはいっても購入しましたから、使い切るまで使ったらまた評価変わるかもですがね

スポンサーリンク
chocolat-au-lait

コメント